最初は親しみやすい派遣先のストーカー常習犯

            

派遣先での体験談です。
私は事務員として派遣で就業していました。
隣の部署の既婚男性に気に入られたようで、仕事中に話しかけられることが多くなりました。
初めは慣れない職場で気軽に話しかけてくれる年配男性に親しみを持っていました。
そうはいっても恋愛感情は一切ありません。
単に職場の話しやすいおじさんという認識でした。
そのうちランチに誘われるようになり、そこまで親しくするつもりもなかったのでやんわりと断っていました。
業務に直接関係のない社内メールもたびたびくるようになりました。
メールも業務中に相手するのが面倒になり、3度に1度くらいのペースでしか返信はしないようにしていました。
別部署といっても同じ職場で毎日顔を合わせるので、完全に無視することはできません。
やんわりと避けていましたが、気づいてくれない様子でした。
私はほぼ定時上がりでしたので、その男性と帰宅時間が重なることはありませんでした。
月末月初は私の部署は多忙になり、残業が発生しますが、その時は隣の部署より遅くなります。
しかし、次第にその男性は私の残業に合わせて残業するようになりました。
帰りのエレベーターを降りたら待ち伏せをされたり、逆に私が先に出ると後から追いかけてきたりして駅まで一緒に帰るようになりました。
本当に苦痛でした。
男性の自宅は別方向のはずなのに、なぜか同じ電車に乗ろうとしたこともあります。
ラッシュ時だったので、混雑に紛れて電車から飛び出したのであやうく同じ電車に乗ることはありませんでした。
一度、乗り換えの駅でその男性を見かけたときは恐怖でした。
目が合った瞬間に柱の陰に隠れて、つけられていると感じました。
その日は遠回りして帰宅しました。
日ごとにエスカレートしていくので怖くなり、派遣会社に相談しました。
派遣先を変えてもらい、念のため自宅も引っ越しました。
その後はその男性とは会っていません。
その職場で働いていた時には誰にも相談できませんでしたが、辞めてからその男性のことを聞いてみました。
どうやら以前にも他の派遣に同じようなことをした前科があるようです。
その時も派遣の人が辞めていたようです。
派遣なので直接人事部へ訴えることもできないとみて狙っているのでは、という噂があるようでした。

付近の地図

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です