コンビニでのアルバイトでストーカーにあった体験

私は21歳で一人暮らしをしているときストーカーの被害にあいました。
そのストーカーと出会ったのは私のアルバイト先のコンビニでした。
そのストーカーはそのコンビニの常連客で、近所に住んでいる人のようでした。
私はどのお客さんに対してもいつも笑顔で接客していたのですが、その態度をみて相手は私が好意を持っていると勘違いしたようでした。
何度かレジで話しかけられたことがあったのですが、私は特に気にもしていませんでした。
しかし、ある時相手は私に連絡先を渡してきました。
どうしてよいかわからず、店長に相談しましたが、無視しておこうという事になり、連絡はしませんでした。
すると、数日後、なぜかそのストーカーは私にゲームソフトをプレゼントしてきました。
断ろうと思ったのですが、バイト中の私は逃げることも断ることもできず、プレゼントを受け取ることになってしまいました。
そして中には、連絡してほしい、と言う手紙が一緒に入っていました。
再度店長に相談し、その人が来たらバックヤードに隠れるという事になりました。
アルバイト仲間にも協力してもらい、そんな日が何日も続きました。
数週間後、もう大丈夫かな、と安心していたのですが、アルバイト先に向かおうと家を出ると、その人がアパートの前に立っていました。
そして、私になんで連絡をくれないのか、と怒り気味に話しかけてきました。
逆に私は、その人に何でうちがわかったのか尋ねました。
するとその人は、私がバイトが終わるのを待って、あとをつけてきた、と言うのです。
私は怖くなり、部屋に引き返し、その日のアルバイトは休むことにしました。
そのストーカーが私に「なんで連絡をくれないのか」、と迫る様子は恐怖でしかなく、外に出ることも、アルバイトに行くことも怖くなってしまいました。
結局、アルバイト先もやめ、部屋も引っ越しすることになってしまいました。
ひとり暮らしだったため、恐怖と心細さでいっぱいでした。
引っ越ししてからも、またあとをつけられているのでは?と不安になることもありました。
その後またアルバイトを始めましたが、以前のように笑顔で接客することはなくなりました。