自分での対策は

ストーカー被害のほとんどは一人暮らしの女性。同居人いるように見せかけるため男性物の服などを干してみてアピールしてみましょう。ごみなどは収集日の前日夜に出して置けばストーカーが持ち帰って中を調べられて個人情報流出になりかねないです。コンセントのタップ型盗聴器など一目でわかりにくい物が多く、ストーカー被害にあわないために注意しましょう。そして元カレなどカギ預けていた方、カギなくしてしまった人は複製を作られてるケースがあります。鍵交換など措置をしっかりやらないと盗聴器被害を防げないです。ありえないと思われるでしょうが、なってからでは取り返しつきません。ですが、こうした自分での対策は根本解決になることが低いです。悪質ストーカーはしつこく行為を繰り返します。一番考えるべきことはストーカーを捕まえるために証拠必要といったことです。警察に証拠提示して逮捕までスムーズに進みます。逆に証拠なければ逮捕ができません。