もしも身に危険があれば

自宅住所、携帯電話番号など気軽に他人に教えないでください。パスワードなど暗号化は複雑にして定期的変更を心がけましょう。公共料金明細など氏名や電話番号書かれてるものを捨てるときシュレッダーを利用してみて細かく砕き捨てるようにしてください。いやならいやといった姿勢を示してください。後1か月したらわかれる、メールだけでもいいからなど要求にこたえないようにしてください。助けを求めるのは恥ずかしいことではなく、ちょっとでも身に危険があれば110番しましょう。防犯ベルはカバンの中でなくいつでもならせる状態で持ち歩いて携帯電話でいつでも110番できるようにしてください。一人歩き時に携帯電話で誰かと話すふりするのもいいでしょう。一人で行動するとき時間帯、人通りを考慮して移動ルート考えてください。日ドア開けるときスコープで相手をチェック。宅配人で不審と思われたらチェーン越しで対応して荷物はドアの外においてください。