ストーカー行為はどこから?対策はどうすればよい?

近年、ストーカー被害のニュースが増えてきています。

では、ストーカーとは具体的にどのような行為を指す言葉なのでしょうか。

ストーカー行為についてはストーカー規制法という法律で規定されています。

特定の人に対して尾行や待ち伏せをしたりするつきまとう行為を繰り返し行うことをストーカー行為と規定しています。
ただし、身体の安全や名誉毀損、相手に行動の自由を制限するほどの不安を与えることという前提がありますので注意してください。

現在は警察だけでなく、様々な機関に相談することができます。
ストーカー相手から逃げるために民間の一時シェルターなどを利用したりすることなども行なってくれる機関もあります。

また、警察でもストーカーの名前や住所を教えてもらったりストーカーにカウンセリングを受けさせるための相談など
ストーカーに対して幅広く対応してくれるようになりました。

もしストーカー被害について警察に相談する際には、
相手の情報を細かく伝える必要がありますので以下のような情報を準備しておくと良いでしょう。

・自身の今の状況や今後どのようにしたいのか
・相手の情報
・相手との接点や心当たり
・どのようなストーカー行為や迷惑行為をされたのか

他にも証拠となるものがある場合には用意しておくことでスムーズな対応をしてもらえます。

警察ではストーカーの被害を自身で防止するための支援を行なっています。
これは、警察だけではストーカー被害を防ぐことができないと公言しているものです。

警察に相談して終わりではなく、自分の身は自分で守るという意識を持つ必要があります。