ストーカー対策で大事なのは警察

社会問題になった、或いは今でもそうであるといえるストーカーに関することですが、当たり前ですが話し合いで済むのであればそれに越したことはないです。

しかし、それができないからストーカーになるわけであり、素直に公権力に助けを求めましょう。ストーカー規正法ができて以来、それなりに警察も対応してくれるようになっています。

しかし、難しいこともあります。つまりは警察の担当者に関して、あたりはずれが大きい、ということもあるのです。そこはよくよく注意しておきましょう。では、警察がしてくれることはなにか、ということになりますが、警告を出してくれます。4

ストーカーとされる人に対しての傾国です。また、防犯ブザーの貸与とか或いはそうした相談をされた、という記録も残ることになります。これがいざ裁判になったときなどにとても有利になりますから、重要になります。ちなみに担当部署なのですが生活安全課になります。とりあえずどこでもよいですから警察署にいった話かけてみることです。