ストーカーに対する悩みとして

ストーカーで悩んでいるのであれば素直に警察に相談をするようにしましょう。この人にストーカーしています、といったところで意味はないのです。キチンと証拠などを持っていくことが大事です。但し、具体的な証拠がなくても警告はしてくれないのですが相談の実績が残ることになります。記録が残ることが嫌だと思うかもしれませんが、より悪い状態になったときに素早く行動してくれるようになりますから、実は相談の実績は相当に重要なポイントになります。今時は撮影機器とか音声録音できるものがいくらでも手元にあるでしょう。それで少しでも多くの証拠を残しておくことです。悩んでいるときには怖くて仕方なく、具体的な物を残しておきたくないと思うかもしれませんし、それは当然ではありますが、重要な相談をするときの証拠になりますから、汚物でもない限りは残しておくことです。或いは写真などをとっておく、ということも相当によい対策となることでしょう。